GALLANT ABFLUG | R35GTR Completed Model〜Aloof-01R | パワーシステム

R35s GT-R Completed Model - Aloof-01R

VR38DETT

07modelの発表より搭載されているVR38DETTエンジンは横浜工場の熟練工による「手組み」により、生産精度が非常に高くバラツキが少ない事が特徴です。これはR34GT-Rの最終限定車であるニュルスペックに搭載された高精度組付けエンジンの手法をさらに進化させたものと言えます。

この高精度化は更に進化し、09modelに至っては従来480psであった最高出力を485psまで引き上げ、R35 GT-Rのハイエンドモデルである「Spec V」に搭載されるエンジンの基本となっております。
GALLANT ABFLUG GT-Rはその信頼性とパフォーマンスを尊重し、エンジン本体とターボチャージャーはストック状態のまま、 以下にご紹介するチューニングシステムにて常用650psを実現致しました。
 

GALLANT ABFLUG ECU TUNE

GT-Rと言えど市販車は様々なドライバースキルや使用環境を考慮してエンジン保護を行う必要があり、その為に本来持っているパフォーマンスを抑制せざるを得ません。

その「安全マージン」を開放する事により、通常の使用状況下で高いパフォーマンスを発揮させるのが「GA ECU TUNE」です。

絶対的なパワー&トルクアップと共に、実用度の高い低中速域でのレスポンスの向上を主眼としてセッティング致しました。
スピードリミッター解除 / 電子スロットル調整 / 点火時期プログラム変更 / 燃料プログラム変更
オートクルーズ設定速度変更(AT)/ ラジエター設定温度変更

※2009年の後期型からエンジンと同時にMTのセッティング変更も必要となります。
 

Pent Roof Ti Exhaust System

排気効率は勿論のこと、音質面に徹底的な拘りを見せた逸品です。アンダーカバーに隠れて見えない部分ではあるものの、曲げや溶接等の仕上げも完璧で正に日本の職人技と言えるチタン製の美しいマフラーです。

パイプ径・パイプ長・サイレンサーを最適化し、日常・高速クルージング等で 不快感の無いサウンドを奏でます。テールエンドはオリジナルのチタンテールの他、純正テールも取付可能と致しました。メインパイプ85φ→60φDual構造となります。