GALLANT ABFLUG | R35GTR Completed Model〜Aloof-01R | シャーシ

No matter how hard we pursue the best setting.

Gran Revolfe “Prism” Magnesium Wheel

F-1のWheel開発を担当する「TWS社」との共同開発にて誕生したGT-R専用マグネシウムホイールが標準装備となります。

マグネシウム素材を採用した理由には「軽量・剛性・精度」の全てに渡って最高とされるに他なりません。ただ、闇雲に軽量化を追求してしまうと「曲りはしないが割れる」と言う特性も露見してしまう為に「PRISM」は剛性を最重要視したデザインを採用致しました。

アルミ鍛造では実現不可能な真円精度と剛性により、プロドライバーによるテストドライヴにて「明らかに純正を凌ぐコントロール性がある」と評価されました。
ローレット加工(タイヤのずれ防止)も施され、ランフラットタイヤへ対応しております。最高の素材をセレクトし、超高性能と抜群のデザイン性を両立させた「PRISM」は正にGT-Rの為に産まれたホイールです。
 

GALLANT ABFLUG Suspension Tune

幅広い走行ステージに対応する減衰力セッティングを致しました。スプリングのプリロード調整&ショックの全長調整が可能である為、オーナー様のリクエストによる多彩なリセッティングも可能となっております。

ブラケット、本体、アッパーマウントはバネ下重量軽減の為、ジュラルミン材を採用致しました。基本的にはセッティングはランフラットタイヤ装着を対象としておりますが、セッティングの本領を発揮する為には通常のラジアルタイヤ装着を推奨。如何にサスペンションセッティングを追求しても、ランフラットタイヤの特性である「硬さと重さ」がリミッターとなってしまい、望まれる性能は発揮出来ません。
「しなやかさ」「接地性」「回頭性」「スポーツ性」の全てに渡って煮詰められたセッティングをご実感頂けます。
 

Racing MONO6 BRAKE System

「GT-Rは純正ブレーキでも充分にサーキット走行に耐える」と言うのは極端な誇大広告です。Fisco走行にては、わずか二周目にして純正パッドが悲鳴を上げ、数周目でキャリパーの開きを感じてしまいます。

数千トンもの圧力によって鍛造成型されたモノブロックキャリパー「Racing MONO6」は、海外では「Bremboを凌いだ」との定評のあるENDLESS社が開発した軽量且つ高剛性のブレーキシステムです。

難易度の高いピストンシリンダーの加工も高度な特殊技術を用いることでクリアされ、圧倒的なストッピングパワーを発揮致します。