ホーム > 取扱製品 > Japan Premium > R35 GT-R Completed Model > エアロダイナミクス
「R35 GT-R」の開発を担当するAbflug社の真骨頂は、
そのデザイン感性を機能的に具現化する
シャーシチューニング陣営にあります。

「空力」「冷却」「剛性」を主眼としたモデリングは、
長年レースシーンにて培われた経験を元に行われ、
デザインとは機能性アップの為に
存在するという事を証明致します。
 

Front Bumper Spoiler

不評の純正フロントマスクを完全にトランスフォームするデザインです。

孤高の動力性能をアピールする力強いデザインは、敢えて無骨さを表現し、大胆に機能性と採用された開口部はインタークーラー&オイルクーラーの冷却効率を大幅にアップさせます。

Rear Blister fender

GT-Rの絶大なPowerをふんだんにアピールするワイドヴァージョン。

片側50mm、車幅にして100mmのワイド化を図り、前後には空力を重要視したイン&アウトレットを採用。ストックボディが持つ力強いスタイリングを崩さずにエアロダイナミクスの性能を高めています。

Rear Bumper

大型のアウトレットを設置することにより、リヤタイヤハウス内の乱流を車両側面部に効率よく放出し、テール ランプ下とセンター部に設けられたアウトレットダクトは積極的にバンパー内のエア溜まりを放出すると共にエグゾーストシステムからの放熱に抜群の威力を発揮致します。

「機能だけを追求した結果のデザイン性」
正にGT-Rに相応しいリアセクションとなりました。

Rear Wing

超高速域でのダウンフォースの発生はもちろん、GT-Rのリアフォルムに相応しい視覚的な迫力をもプラス。

純正マウントに対応し、マテリアルには本格的なドライ&ウェットカーボンを採用しています。センター部の補強ステーもドライカーボン製となります。